開院した理由
TOP


開院した理由  歯が抜かれる原因は、歯周病か虫歯に域する病気です。虫歯や歯周病は、治らないように思われています。しかし、実は決してそうではなく「治療をすることで治る病気」であると世界中では認識されています。つまり、きちんとした治療をして病気を治せば、歯が抜かれることはないということです。

 多くの方が「歳をとると歯がだめになる」と思っていますが、歯は老化で抜かれているわけではないのです。
削った穴がふさがっても、病気自体が治っていないから抜かれてしまうのです。

 「歯医者は歯大工でいいのだ」「歯医者は入れ歯職人でよい」というような考え方が根強くあります。それはそれで、ひとつの考え方だとは思います。
しかし、それでは抜かれる歯を減らすことはできません。
ただ削ったり埋めたりするのではなく、きちんと病気を治すこと。
私は、それが正しい歯科医療であると信じていますし、必要とされていると思うのです。

 自分が人よりとびぬけて能力があるとは思っていません。
50年生きていれば、自分が平凡な人間であることはよくわかります。
しかし私は、「歯大工」にはなりたくないのです。
ただ歯を削って穴をうめれば、早く終わるし、「早くてうまい歯医者だ」と言われるかもしれない。
でも、そうはなりたくないのです。

 誠実で的確な、正しい治療には時間も医院のコストもかかります。
しかし、私は「歯大工仕事」ではない、正しい歯科医療を提供したいと考えています。
ですから、これだけたくさん歯科医院がある中で、自分のクリニックを開院したのです。


治療について


虫歯・歯周病の予防について
  インプラントを考える前に   


診療科目・診療案内


院長・スタッフ紹介


院内のご案内


お知らせ・休診案内


アクセス


LINKS


参考資料・お勧めの本


お問い合わせ